お仕事 徒然日記

【車屋さんに就職・転職】大手の車屋さんと街の車屋さんの違いってぶっちゃけ!?

  1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 徒然日記 >
  4. お仕事 >

【車屋さんに就職・転職】大手の車屋さんと街の車屋さんの違いってぶっちゃけ!?

こてつ
就職?転職?

ま、まさかお前・・・

すい平
なんでやねん(笑)

もう今さら車屋さん以外の仕事は出来へんし、今年40歳になるわけで、今さら転職なんか考えてへんわー

2009年に業界最大手の車屋さんに転職して、2015年にDショップに転職して、ざっと営業マン歴は丸10年以上が経った訳やけど・・・

初めは業界最大手の車屋さん、会社は上場企業の株式会社

今のDショップはどこでもありそうな街の車屋さん、会社は有限会社な訳で、

今になって思えば良くも悪くもアレやコレや考える訳よ・・・

 

因みに、簡単に私の自己紹介と経歴はというと・・・

こてつ
なんや色々こじれとんなー
すい平

当たり前の話を云云かんぬん話しますが、これから車業界で働きたいと思う若い方や、車屋さんについて良く分からない女性の方も居られるかと思いますので、今回はお住まいの地域にある「大手の車屋」さんと、小規模の「街の車屋さん」を比べてみたいと思います。

但し、あくまで車屋さんの営業マン目線、一個人の意見として参考までにお願いします。

 

大手の車屋さんと、街の車屋さんとの違い

車(売るきっかけ)の違いと商談になる確率の違い

先ず、営業とは「営利を目的として業務を行うこと」by ウィキペディア

当たり前の話ですが、どんな会社も何かしらの物やサービスを売って会社、又は個人の利益を生んでいる訳です。

営業マンとは、営業をする人なので車屋さんの営業マンは車を売る人の事です。

車屋さんなので、車という商品を売るのですが、車という商品での括りでは大手の車屋さんも街の車屋さんも同じですが、車(売るきっかけ)が無いとどんな売れる営業マンでも売れません。

そして、車を売るには大なり小なりの商談が必要です。

きっかけとなる車のイメージを中古車に限って考えたとして、大手の車屋さんは「比較的良い車」、街の車屋さんは「安い車」というイメージがあると思います。

なんでそういうイメージが付くのでしょうか?

大手の車屋さんも街の車屋さんのどっちも、「未使用車」や「新古車」の様な程度の良い比較的高額な車も売ってますし、コミコミ20万~30万みたいな古めの安い車だって売ってます。

ただ、街の車屋さんはなんで安かろう悪かろうの車が多いと感じるのか・・・

今でこそ少なくはなりましたが、「あそこは安いから事故車(修復歴車)ばっかり・・・」なんて話も聞いた事ありますよね?

赤いすい平が働いていた大手の車屋さんも、最初は「修復歴車は一切売りません」と謳っていましたが、修復歴車をしっかり事前説明する事で、お得な中古車を探しているユーザーさんのニーズに応える事が出来るので、途中から修復歴車も販売するようになりました。

今の自動車業界は「若者の車離れ」、「人口の減少」、「故障率の低下」等の原因で状況は良くはなっていかない傾向にあります。

しかも、コロナウイルスの影響も然り・・・

大手の車屋さんも四の五の言ってられない状況となっているのかと思います。



【大手の車屋さん】

大手の全国展開しているような車屋さんは、大型展示場があって高年式の車がずらっと展示されていたり、最悪そこに希望の車が無くても他店の在庫をパソコンで見たり出来るので、その1社で希望の車が見つかったりします。

企業の資金力や、大手ならではの安心感、それに地域のどこにでも知ってるお店があったりなんかを考えると、圧倒的に大手の車屋さんに「比較的高額な車=良い車」が集まります。

そうすると、ユーザーさんの心理として大手の車屋さん=「希望に合った比較的良い車が有る」というイメージが付くのは当たり前の事だと思います。

 

【街の車屋さん】

小規模経営している街の車屋さんに限ると、そんな高い車ばっかり在庫で置くことが出来ません。

在庫が10台ぐらいの車屋さんって、街のどこにでも見かけると思いますが、10台ぐらいの在庫ではすごく在庫の少ない小さな車屋さんだなって思われると思います。

しかし高々10台と言えど、お金にすると結構な金額となります。

例えば、原価100万円の車が10台あると、それでもう1,000万円の在庫となります。

そもそも大手企業の様に特に買取のCMや宣伝もしていないところが殆どですし、知名度や知り合いじゃないとなかなか入りずらい等、街の車屋さんには新しい車が入って来ない事は決してありませんが、入ってくる確率は圧倒的に少ないのです。

 

中古車というのはオンリーワン商品(同じ物は存在しない)なので、その条件が求めている方にハマればすぐ売れますが、「色が白だったらなー」とか、「距離がもう少し少なかったらなー」と、見送りになるのは良くある話です。

例えば、在庫の10台のお店が毎月全部売れるのであれば、もうそれはそれはオイシイ商売なのですが、そんな甘い話はありません!

せいぜい10台のうち、一ヶ月スパンで思った金額で売れるのは3割程度、5割売れれば万万歳だと思います。

車と言うのは一般的には古くなればなる程、相場(価値)が下がりますので、原価ぐらいのトントンで売る事も時には必要ですし、最悪損切もしないといけないケースもあります。

ココがポイント

大手の車屋さんの方が売る車(売るきっかけ)の台数が圧倒的に多いので、商談になる確率が圧倒的に高い

すい平
Dショップに入った時は今の様な新車専門店じゃ無くて、在庫の車がオークションで流れた車(売れなかった車)だらけで、半泣き状態で何度心が折れそうになったか(笑)

しかも、売っても利益が全然出ないような感じの車ばっかり的な(涙)

こてつ
えっ!?

そしたら大手の車屋さんで働いた方がええやん!

出戻りか?

すい平
いやいや、それは絶対無い(笑)

 

会社の規模の違いと価格の違い

大手の車屋さんは株主さんのいる株式会社だったり、日本全国に店舗があったり、最近では世界にも店舗があったりとグローバル企業であったりもします。

方や赤いすい平の働くDショップは有限会社ですので、一人の社長さんが経営している個人の会社です。

またまた当たり前の話ですが、大手の車屋さんの方が圧倒的に人件費や地代などの固定費がかかります。

そうすると、大手の車屋さんの方がどうしても車1台あたりの利益を上げなくてはいけないのは必然の事です。

ここで言えるのは、同じような車でも比較的大手の車屋さんの方が高くて、街の車屋さんの方が安くなるのはこの為です。

ココがポイント

大手が一概に高くてボッタクリな訳ではなく、大手は大手ならではサービスや保証等が充実しているので、一概に大手が高いとは言い切れない

すい平
大手の車屋さんの時はよくこんな事を言われたなー

〇〇〇さんの中古車は高いよねー」って(笑)

その時は「ウチはこういうサービスがあって、こうですから!」と決めゼリフを放っててんけど、

逆に今は「Dショップさんの新車は安いよねー」って(笑)

今は「少人数なんで!」とか「薄利なんで!」とか「得意先のディーラーさんが安く卸してくれるので!」的な・・・

こてつ
真逆!(笑)



新車と中古車の商品としての違い

【新車】

お客さん目線の話ですが、誰だって安く買いたいですよね??

先に新車に限った話ですが、新車は一般的にディーラーさんで買いますよね?

純正以外のオプションを除き、新車はどこで買っても全く同じ物です!

例えば、同じ家電製品を○○電気で買うのと、△△電気で買うのと同じ物ですよね?

新車も家電と同じくメーカー保証が付くのですが、どこで買った車も壊れた場合、どこのディーラーさんでも保証対応してくれるので全く同じ物です!!

ただ、ディーラーさん以外のDショップやその他の車屋さんで新車を買うのは、ディーラーさんには無いメリットがあるので、Dショップでも沢山の新車をご成約頂いております。

理由は、値段、金利、ディーラーさんでは用意出来ない市販のオプションです。

価格差が大きくない場合を除いて、余程の対応の良し悪しや、余程のメリット・デメリットの差が無ければ安くて欲しいオプションが付いた方を買うのは当たり前の話です。

ただ、大手の車屋さん VS 街の車屋さん 的な話なので、新車を売るならディーラーさんもどうなの?って話になるので、赤いすい平はディーラーさんでは働いたことが無いので、新車は一旦置いときます。

 

【中古車】

中古車も一部の輸入車やマニアックな車を除き、特に国産の有名車種はgoo-netやカーセンサーで大枠の条件を全国で絞ると、結構同じような車が沢山出てきます。

そうすると、陸送費のかかる遠い県外よりは近隣のお店に合った方がいいので、地域を絞ると思うのですが、それはやはり「実物を見に行ける」というのと、「何かあった時に近い方がいい」と考えると思います。

近くに大手の車屋さんと街の車屋さんに同じような希望の車があったらどっちも見にいきませんか?

会社は大手の会社とは言え、店舗は地域のお客さんからしたら近くの車屋さんです。

Dショップ含め街の車屋さんも、地域のお客さんからしたら近くの車屋さんです。

そういう部分では、1点物(同じ物が存在しない)の中古車もどこでも買える同じ商材だと言えると思うので、大手の車屋さんと街の車屋さんの商品の違いは無いでしょう!

営業マン視点で考えると、売る車は同じ商品なので、大手の車屋さんで売るのも、街の車屋さんで売るのもどっちにしても同じ内容の仕事という事です。

こてつ
んじゃ、大手の車屋さんと街の車屋さんのどっちかで働くとすると、在庫量が多くて商談になる確率が高くて、会社も大きくて安定感もある大手の車屋さんで働いた方がええんとちゃうの!?

おまえ転職失敗したか?

すい平
いやいや、そうとは思わんよ(汗)

だって、会社が大きいのはメリットもあるけど、デメリットもあるからなー



結論、どっちがいいの?

さて、本題です。

同じ商品としての車を、店舗で同じように売る仕事として比べた時、

今までの話だけ聞くと「大手の車屋さん」の方が良いと思える方が多いんじゃないでしょうか?

確かに大手の車屋さんで働くメリットは多いと思います。

仕事内容は同じですので、給料や福利厚生など待遇面がやはり肝になりますよね?

すい平
大手の車屋さんを辞めて、街の車屋さんを辞めたいと思わずに働き続ける事ができて、特に出戻りたいと思わない理由はなんやと思う?
こてつ
そこや聞きたいのは!
すい平
ちょっと長くなりましたので、続きは次回にて!
こてつ
なんやそれー!

次はちゃんとぶっちゃけトークするんやでー!



  • この記事を書いた人

akaisuihei

車屋さんの営業【経歴】京都出身の39歳 ▶ 大阪の高校 ▶ 27歳まで輸入自動車用品の商社 ▶ 28歳で某大手中古車ディーラーに転職 ▶ 34歳で今のDショップに転職 ▶ 妻・子・猫の4人で茨城県で暮らしています ● 年間100台以上のクルマを販売する営業マンとして、このブログが皆様のクルマやモノ選びの参考になれば嬉しいです。

-お仕事, 徒然日記

© 2021 赤いすい平のブログ Powered by AFFINGER5