Car Item 車まとめ

CX-8やCX-5にALPINEの超薄型10.1型フリップダウンモニターおすすめです♪

  1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 車のアレコレ >
  4. Car Item >

CX-8やCX-5にALPINEの超薄型10.1型フリップダウンモニターおすすめです♪

すい平
前回のCX-8やCX-5でナビに連動する純正より安いETC2.0が復活しました!

に引き続きCX-8やCX-5、

特に3列シートのCX-8の方に朗報です!

 

マツコネ = ややこしいシステムと、ちょっとした先入観がありましたが、ずっとやりたいと思っていた事が出来るようになりました!

それは、社外のリアモニターの取付です!

 

マツコネ=ややこしいシステムっていう先入観って言っても、マツダ純正オプションのリアシートモニター(10.1型フリップダウンモニター)はそもそもALPINE製なので、同じALPINEなら取付可能だと誰でも思いますよね(汗)

消費税と工賃、税込みで100,408円と、そこまで高い訳では無くこれはこれで十分と言えば十分なのですが・・・

今からご紹介する新モデルを見てしまうと、どうしてもちょっと昔のフリップダウンモニターに見えてしまいます・・・

それではご紹介します!ALPINEの新型リアモニター

スリムリアビジョン RSH10XSシリーズ

れがCX-8やCX-5に一番オススメです!(画像は本体カラーがブラックのRSH10XS-R-B)

 

スリムリアビジョン RSH10XSシリーズがオススメな理由 その①

スリムリアビジョンの名の通りの本体の薄さ

 

わずか数ミリの差ですが、この差は見た目がかっこいいのはモチロンですが、安全性では大きな差となります!

モニターを開いた状態ですが、ミニバンと違ってそこまで屋根が高くないCX-8やCX-5では、モニターを開いた状態だと、ルームミラーにモニターの下部が映り、視界を遮ってしまいます。

ドライバーさんの体型、シートポジションにもよりますので、一概に映り込む、映りこまないとは言い切れませんが、例えばモニターを開いた状態の本体の厚みと、モニターの長さの合算では、純正のリアシートモニター(211mm)スリムリアビジョン(195.7mm)その差はなんと15.3mm(約1.5cm)!!!

その15.3mmでルームミラーを通して見える部分と見えない部分は間違いなく変わってくると思います!

 

スリムリアビジョン RSH10XSシリーズがオススメな理由 その②

静電タッチスポットライト付き

夜間にちょっと手元を照らしたい時に静電タッチセンサー付きのスポットライトが非常に便利です♪

※スポットライトとドア開閉に連動するルームライトはRSH10XS-R-B (ブラック)、RSH10XS-R-S (シルバー)のみに搭載の機能です。

※RSH10XS-L-B (ブラック)、RSH10XS-L-S (シルバー)にはライト類は一切搭載されておりません。

 

スリムリアビジョン RSH10XSシリーズがオススメな理由 その③

静既存の10型取付キットで幅広い車種に対応

ですが!

CX-5やCX-8はALPINE製の取付金具の設定が有りません・・・

マツダ純正のフリップダウンモニターはALPINE製のフリップダウンモニターなのに、ALPINE製としては取付金具の設定が無い・・・

そこで!

得意のネットサーフィンで取付キットを制作している業者さんを発見しました!

そして、このキットの実験台になって頂いた方が居ります(笑)

マッハワンさんと、M様のおかげで取付及び動作に問題無い事が実証できました♪

実はALPINEの薄型タイプが発売する前、マツダのディーラーさんにマツダ純正オプションのリアモニターの取付金具のみ部品のみ供給可能か?を確認してみましたが、純正の取付金具はモニターとセットになっているようで、発注不可でした。

純正で金具のみを販売していればもっと早くに実施出来たのですが・・・

これは、もしかして企業同士の大きな圧力なのか!?

信じるも信じないもアナタ次第です(笑)

すい平

Twitterより最新記事の投稿やブログ以外の事も発信して参ります。

宜しければTwitter登録@akaisuiheiをお願いします。

やる気が・・・出ます!

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

akaisuihei

車屋さんの営業【経歴】京都出身の39歳 ▶ 大阪の高校 ▶ 27歳まで輸入自動車用品の商社 ▶ 28歳で某大手中古車ディーラーに転職 ▶ 34歳で今のDショップに転職 ▶ 妻・子・猫の4人で茨城県で暮らしています ● 年間100台以上のクルマを販売する営業マンとして、このブログが皆様のクルマやモノ選びの参考になれば嬉しいです。

-Car Item, 車まとめ

© 2020 赤いすい平のブログ Powered by AFFINGER5