カー用品

【KENWOOD ETC-N7000 レビュー】CX-8やCX-5でナビに連動する純正より安いETC2.0が復活しました!

  1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 車のアレコレ >
  4. カー用品 >

【KENWOOD ETC-N7000 レビュー】CX-8やCX-5でナビに連動する純正より安いETC2.0が復活しました!

すい平
CX-8やCX-5のユーザー様に朗報です!

ETC2.0を検討されている方はオトクな情報ですので是非ともご覧くださいませ♪

以前、DENSO製の「DIU-B040」という品番のETC2.0をCX-8やCX-5に取付をさせて頂いておりまして、純正より安く、ちゃんとマツコネのナビに連動をして大好評だったのですが・・・

DIU-B040」はまさかの生産終了で、ここ最近は純正を少しお値引しての対応となっておりました(涙)

おさらいですが、マツダ純正のETC2.0は工賃、税込み60,045円とちょっと高額・・・

マツダのディーラーオプションは全体的に良心的な価格のオプションが多いのですが、このマツダ純正ETC2.0は新車ご契約の際に皆様ちょっと踏みとどまってしまう価格設定かと思います。

そこで!DENSO製の「DIU-B040」に替わる、マツコネ連動ETC2.0を発見しました!!!


■ケンウッドのカーナビ「彩速ナビ」に連動するETC2.0車載器■信号情報活用運転支援システム(信号通過支援)の受信が可能な高度化光ビーコンに対応■ITSスポットでの渋滞回避や安全運転 ■災害時などの支援情報、自動料金収受などのETC2.0のサービスに対応■ETCカードの挿し忘れや抜き忘れ警告機能、ETCカード有効期限通知機能搭載。

 

DENSO製の「DIU-B040]は別途KENWOODのケーブルが必要だったのですが、今回のKENWOODのETC-N7000」は単体でナビ連動しての取付が可能です!

それもその筈、このKENWOODの「ETC-N7000」ですが、本体はなんとDENSO製

早速、取付をしてみました!!!

ETC2.0/VICS設定はETC2.0を接続しないと表示されないメニューです。

 

取付したままの初期設定では、駐車場情報の表示のみチェックが外れております。

これをチェックすると、コインパーキング等の駐車場の情報がMAPに表示されますが、都内とかだとMAP中に「P」マークでうじゃうじゃしてしまうので、恐らく初期設定ではチェックが外れているのかと思います。

 

こちらの写真はCX-8ですが、改良前だとマツダ純正オプションのETC2.0が2種類ありまして、グローブボックス内が「植毛加工有り」か「植毛加工無し」の2パターンでした。

改良後はLパッケージより上のグレードは、グローブボックス内が全て「植毛加工有り」となり、マツダ純正オプションのETC2.060,045円の1パターンとなりました。

ETC2.0は高速道路上の安全装置としても使えるので、個人的にはあまり高速に乗らない方にこそオススメしたいオプションとなります。

ETC2.0って何?ETC1.0って何?おすすめETC1.0車載器は【CY-ET926D】

目次1 ETC2.0って、そもそも何?1.1 安全運転支援1.2 渋滞回避支援1.3 災害時の支援2 ETC1.0って何?普通のETCとの違いは?3 ETC本体を純正位置にビルトインで装着する為に必要 ...

続きを見る

CX-8やCX-5を今からご検討の方は是非、KENWOODの「ETC-N7000」をご検討下さいませ♪

 

■ケンウッドのカーナビ「彩速ナビ」に連動するETC2.0車載器 ■信号情報活用運転支援システム(信号通過支援)の受信が可能な高度化光ビーコンに対応 ■ITSスポットでの渋滞回避や安全運転 ■災害時などの支援情報、自動料金収受などのETC2.0のサービスに対応 ■ETCカードの挿し忘れや抜き忘れ警告機能、ETCカード有効期限通知機能搭載。

 

※今回ご案内したキットは2020年7月発売モデルまでの「第6世代」のマツダコネクトに対応となります。

2020年12月発売以降の10.25インチディスプレイ搭載のマツダコネクト車には適合不可ですのでご注意下さい。

 

すい平
LINEの友達追加でブログの更新をタイムラインにてお知らせしております。
あと、twitter(@akaisuihei)の登録も是非お願いします。
やる気が・・・出ます!!!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

赤いすい平

車屋さんの営業【経歴】京都出身のアラフォー ▶ 大阪の高校 ▶ 27歳まで輸入自動車用品の商社 ▶ 28歳で某大手中古車ディーラーに転職 ▶ 34歳で今のDショップに転職 ▶ 妻・子・猫の4人で茨城県で暮らしています ● 年間100台以上のクルマを販売する営業マンとして、このブログが皆様のクルマやモノ選びの参考になれば嬉しいです。

-カー用品