車まとめ記事

車屋の現役営業マンが語る【オートローン審査】で「ローン会社が重要視しているポイント」と「心配な方のローンが通りやすくなる方法」

  1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 車のアレコレ >
  4. 車まとめ記事 >

車屋の現役営業マンが語る【オートローン審査】で「ローン会社が重要視しているポイント」と「心配な方のローンが通りやすくなる方法」

車のローン(オートローン)を審査する時、

通るか通らないかでドキドキした事ありませんか?

私も20代の頃に人生初のオートローン審査をした時はすごくドキドキしたのを覚えております。

逆に車屋の営業マンの立場になってみて色々思うところがあるので、

これから車をローンで初めて買う方や、

ローンが通るか心配な方のローン審査のアドバイスになれば幸いです。

ご注意

記事はオートローン審査通過を保証するものではありません。

読者様がローン審査をするにあたり参考までにお願いします。


車のローンの種類

車のローンといっても、

「どこで借りるか?」によって種類があります。

大きく分けて、

  • 銀行や信用金庫で扱う
    マイカーローン
  • ディーラーで扱う
    自動車メーカーローン
  • 一般的な車屋が扱う
    オートローン

の3つが有ります。

先ずはそれぞれの違いと、

メリット・デメリットを簡単に説明したいと思います。


銀行系マイカーローン

銀行や信用金庫などが扱っているローン

最近ではネット申し込みが出来たり窓口にわざわざ行かなくても大丈夫になりました。

メリット

  • 金利が安い
  • 高額になればなるほど金利が更に安くなる
  • 勤め先が提携している場合は会社で申請が可能で、給料天引きが可能

デメリット

  • 審査に源泉徴収票が必要だったり審査が比較的面倒
  • 現在銀行系ローンを組んでいると、同名義で2台目のローンが通りにくい
  • ずっと払い続けるか残債を一括返済しか無く自由が利かない
  • 車屋で一度見積もりを取って提出しなければいけないので、場合によっては車屋と銀行を往復する必要が有る


自動車メーカーローン

主に正規ディーラーが取り扱うローン

トヨタならトヨタファイナンス、

日産ならニッサンフィナンシャルサービス等のメーカーが運営しているローン会社

メリット

  • 新車、中古車問わずディーラーで車を購入する場合は、その場で申し込みが可能
  • 独自の審査方法?なのか他で駄目でも通ったりするケース有り(経験有り)

デメリット

  • 通常のローンは金利が比較的高い
  • 通常のローンが金利が高いので、残価設定ばかりやたら勧めてくる


オートローン

大小関わらず一般の車屋が使っているローン

オリコ(オリエントコーポレーション)ジャックスセディナが有名で、

プレミアムファインシャルサービスイオンプロダクトファイナンスは新鋭ながらも利用可能な店舗は多い

メリット

  • 新車は金利が安い
  • 支払い途中で回数や金額を変更できる自由形ローンが有る
  • 車の契約と同時にその場で審査可能でスピーディ
  • 最近ではgoo-net上でネット審査も可能

デメリット

  • 中古車は比較的金利が高め
  • 購入先によって金利の差が有る
すい平

本記事ではここで言うオートローンについての話をします!


オートローンについて

主要オートローン会社

審査の流れと情報ネットワークシステム

昔は複写式の用紙に必要事項を明記し、

ローン会社へFAXをして審査を行って貰っていたのですが、

最近ではネットの申し込みだけでローン審査が完結するようになりました。

中古車情報誌goo-netのサイトでは、

掲載している企業の在庫車両ページによっては、

ページ内にその車両での審査が出来るリンクが付いております!

青い部分のリンクよりローン審査が可能

ローンの審査の流れ

  1. FAXならそのお客様の内容をローン会社が情報システムに送信、
    又はお客様や車屋がお客様の内容を入力したものを情報システムに送信
  2. それぞれローン会社の審査部門が情報システムでお客様の内容を確認
  3. ローン会社がローン審査の可否を販売店に連絡
  4. 販売店がお客様に連絡

ここで言う情報システムですが、

「個人情報を扱う金融系の情報ネットワークシステム」です。

例えば、

オリコが見ている内容とジャックスが見ている内容が同じという事が多々有ります。

要は、

一般的にはオリコが駄目ならジャックスも駄目という事となります。

ここで言う「個人情報を扱う金融系の情報ネットワークシステム」 が、

どういう情報を見ているかを次でご説明します。


審査に必要な情報

審査において最低限必要な情報が有ります。

オートローン審査必要事項

  • 免許証番号(場合によりコピー)
  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号
  • 住所(基本的に車を登録する場所の住所)
  • 居住年数
  • 住宅ローン
  • 住宅ローンや家賃支払いの有無
  • 配偶者の有無
  • 世帯主との関係
  • 世帯人数
  • 勤め先名称
  • 勤め先住所
  • 勤め先電話番号
  • 勤続年数
  • 職種
  • 業種
  • 年収(手取りではなく総支給額)

ローン会社はこれらの情報を見るのですが、

お客様から、

「家のローンが有るのですが通りますか?」とか、

「もう1台車を持っているのですが大丈夫ですか?」とか、

「年収が低いのですが大丈夫ですか?」とか、

よく聞かれます・・・

私の経験談ですが、

「お客様が心配されている事と、

「ローン会社が審査の判断基準にしている事が、

少し食い違っているケースが多いので、

ローン会社が何を重視しているのか、

私の経験談を元に、

【ローン会社が審査において重要視しているポイント】

を考察してみたいと思います。


ローン会社が審査において重要視しているポイント


個人情報の特定

氏名、住所、生年月日、免許証番号等、

先ずは個人を特定します。

余談ですが、

「自宅の固定電話が無いと通りにくい」なんてのは今となっては都市伝説ですので、

携帯番号だけで大丈夫です!

すい平

必ず正しい情報で!

個人を特定出来ない場合はローン会社にとって

まっさらな人として認識されますので逆に不利となります!


住宅ローンの有無

お客様から「家のローンがあるのですが大丈夫ですか?」と、

良く聞かれますが・・・

すい平

ズバリ!

住宅ローンは有る方がオートローンは通りやすいです!

家のローンは一般的に車より金額の大きい一生物の買い物です。

住宅ローンに通るという事は「一定水準の信用がお客様に有る」という事ですので、

オートローン審査には有利に働きます。


勤め先の内容

オートローンの場合、

銀行ローンと違い職種によって金利が変るとういう事は有りません。

がしかし・・・

あくまで私個人の見解ですが、

風俗業や水商売系は若干審査が厳しくはなるような気がします。

あと、

経営者や個人事業主よりは一般のサラリーマンの方が通り易いのは確かです!

普通に働いているサラリーマンなら会社の大小はあまり気にされなくて良いかと思います。


ローンが通る一番のポイント

私的な意見ですがオートローンの審査において、

プラスに働く部分は左程重要では無いと思います。

あくまで審査の合否は、

「お客様(審査を受ける方)のマイナスポイントが無い事」

これに限ります。


通りにくい時にプラスに働くポイント

ローン審査の合否が完全に駄目では無いけどちょっと・・・

的な時にプラスに働くポイントはあります。

先ほどの、住宅ローンの有無勤め先の内容は勿論重要ですが、

例えば、

  • 借家だけど家賃は会社負担なので実質ゼロ
  • 実家暮らしで家賃がゼロ
  • 配偶者さんが働いている
  • 配偶者さんが正社員
  • 年収が多い

この辺りはローンを借りる方の負担が少ないという事ですので、

ローン会社の担当さんと話していてもプラスに働いているように思えます。


心配な方のローンが通りやすくなる方法

ウソはいけない!

コロナに限らず景気が悪い世の中です。

誰しもがオートローンにすんなり通らない世の中だとは思います。

車業界も然り、

営業マンである赤いすい平も車を売るのが仕事ですので、

ローンが通ってくれないと売れる車も売れません!

車屋の営業マンは余程の事情が無い限り、

お客様がローンの審査に合格する事を祈っております。

そこで!

「嘘は絶対いけません!」

逆にローン審査に通りにくくなります。

というのは、

初めて話す一車屋の営業マンに、

個人(お客様)の金銭の悩みを話す事は誰だっていやな事だと思います・・・

ただ、

ローン会社に「この方はお見送りです」と言われるという事は、

必ず何か有る筈です!

又は有った筈です!!


実際に有った話ですが・・・

とあるローン審査の合格に厳しい方から審査を頼まれローン審査をして結果駄目だった方の話です。

審査を行うにあたり、

すい平

ローン審査で何かご不安な事って有ります?

と聞いて、

「特に何も無いです!」

と言われたのでA社に審査申し込みしたのですが、

全く駄目でした・・・

理由はこの方は昔A車でローンを組んでいたのですが、

現在は未払いが残ったまま俗にいうA社のブラックリストに載ってしまっていました。

「昔A社さんで借りていて、未払いが有ったんだよねー」と聞いていれば、

A社で審査をせずに真っ先に他のローン会社で審査をすればもしかしたら何とか通ったかもしれません・・・

何故なら、

A社は×だけど、B社は〇の可能性があるからです!

しかし!

A社が×を出してしまうと、

先ほどご説明した情報ネットワークシステムをB社はこの様に見てしまいます。

「Aさん駄目だったから、この人何か有るからお見送りしよう・・・」

車を欲しかったお客さんは勿論車をローンで購入する事が出来ず・・・

営業マンである私は、

せかっく売れたかもしれない1台を売る事が出来ませんでした・・・

ですので、

「嘘は絶対いけません!」

すい平

先にB社で審査しても駄目だった可能性も有りますので、

たらればの話ではありますが・・・


過去の事を営業マンに言うのはマイナスポイントでは無い!

先ほど、

「嘘は絶対いけません!」

と言いましたが、

誰しも話したくない過去はあるものです。

ただ、

営業マンもイチ人間ですので、

嘘をつかれると「お客さん嘘ついてたからもう1社に審査をかけるのはよそう」

とも思っても仕方ありません。

逆に、

正直に話して頂けると「正直な方だしB社にも審査をして交渉してみよう!」

等とも思うものです。

すい平

少なからずとも私はそう思います。


営業マンがなんとかしてくれる場合

オートローンの審査結果ですが、

基本的にはローン会社のセンター部署から合否の連絡があります。

「ちょっとなんとか通して下さい」と交渉はセンターの方にする事は出来ますが、

センターよりもローン会社の地区ごとの支社の担当者さんに言う方が審査に通る確率は高いです。

特に支店長クラスと仲の良い販売店、営業マンだと更に確率は上がります。

単独での審査通過が駄目でも、

「保証人さんを付けてくれれば・・・」とか、

「金利が上がりますが単独でOKです。」とか、

△条件を付けてくれるケースも多々あります。

営業マンと仲良くして交渉させましょう!

すい平

私の経験でもこのパターンでOKを貰った事が多々有ります!

お客さんにとっても

営業マンにとっても、

今後のお付き合いを考えれば

車を買って営業マンを味方につける事はマイナスでは無いと思います!!

次回、

ローンの審査で良く聞くブラックリストと、

あまり聞かないホワイトリストについてお話したいと思います。

車まとめ記事

ローンが絶対通らない【ブラックリスト】と逆にローン会社が通しにくい【ホワイトリスト】とは?

2021/9/29  

前回の続き車のオートローンについてです。 「車のローンがどうしても通らない・・・」 通らない理由は様々ですが、 必ず理由が何かしらあるのでローン会社もOKを出さざるを得ないのです。 先ずは皆さんも聞い ...

すい平
LINEの友達追加でブログの更新をタイムラインにてお知らせしております。
あと、twitter(@akaisuihei)の登録も是非お願いします。
やる気が・・・出ます!!!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

赤いすい平

車屋さんの営業【経歴】京都出身のアラフォー ▶ 大阪の高校 ▶ 27歳まで輸入自動車用品の商社 ▶ 28歳で某大手中古車ディーラーに転職 ▶ 34歳で今のDショップに転職 ▶ 妻・子・猫の4人で茨城県で暮らしています ● 年間100台以上のクルマを販売する営業マンとして、このブログが皆様のクルマやモノ選びの参考になれば嬉しいです。

-車まとめ記事