ボディカラー ホンダ 納車日記

S660モデューロXとシビックタイプRの色!「ソニックグレーパール」の【N-VAN +STYLE FUN ターボ】レビュー!

  1. HOME >
  2. クルマ >
  3. 車のアレコレ >
  4. ボディカラー >

S660モデューロXとシビックタイプRの色!「ソニックグレーパール」の【N-VAN +STYLE FUN ターボ】レビュー!

すい平

当記事は、

昨年12月末にロードスターから乗り換えた新しいマイカー、

【N-VAN +STYLE FUN ターボ】(2WD)のレビューです✨

ボデイカラー:ソニックグレー・パール
※タイプRではないシビックにも採用

スポンサーリンク

N-VANのここがスゴイ!

アルファードと同じ高さ故の圧倒的空間

全長:3395mm/全幅:1475mm
すい平

全長と全幅は一般的な軽自動車サイズですが・・・

全高:1945mm
すい平

なんと高さは30系のアルファードの1935mm以上!!!

荷室内側寸法(2名乗車時)
・長さ:助手席側が1510mm/運転席側1330mm
・幅:1235mm
・高さ:1365mm

すい平

全高2メートル弱から生まれる荷室の広さは圧倒的です!


助手席を畳んで生まれる超ロングスペース

助手器を畳んで最長2,635mmのロング積載
左側ピラーレスなので長物を横から積み込み可能!
すい平

これぞN-VANの醍醐味✨

そりゃあ250ccぐらいのバイクが余裕で積めちゃいますw

350kgまで積載が可能

メーカー公式サイトによると、

ダンボール箱なら71個!ビールケースが40個入る!

そうです!

ブログなんかやってんと配達のバイトでもやればw

虎徹


軽バンならではの維持費の安さ

すい平

どれぐらい安いかと言うと、

1500ccのロードスターとN-VANの維持費を徹底比較しました!

合わせて読みたい

お金の話 ホンダ 売り買い

【ロードスターからN-VANへ乗り換え】10年間の維持費を比較してみたらN-VANタダで乗れた!?

2023/1/7    ,

目次1 ロードスターからN-VANへ乗り換え1.1 ロードスター本当はずっと乗っていたかったけど1.2 数ある軽自動車の中で何を買うか問題1.3 そしてN-VANになった理由2 ロードスターとN-VA ...

この計算に含まれていないタイヤ代ですが、

12インチという小径なのでタイヤ代も激安ですw

ホイールベース:2520mm
タイヤサイズ:145/80R12
すい平

タイヤ代は1本3,000円ぐらいなので、

工賃入れて4本2万円で余裕でお釣がくるレベルなのは嬉しいです✨

バン用タイヤじゃないと車検に通らないので要注意です。


独特な設計の車内収納

センター部には運転席足元に物が進入しない為の仕切り板
ヘッドレストを収納できる専用スペース
後部座席の収納はちょっと勝手が悪いです・・・
すい平

あと、この画像右上み見える黒い丸いピンを外すと、

ネジ山があるのでフックを付けたりと多彩なアレンジ可能です♪

エヴリィやアトレー等の普通の軽バンの室内は似たり寄ったりな車内設計ですが、

N-VANは過去にバモスがあったとは言え、

今までの軽バンには明らかに無かったホンダ独自の設計なので、

収納などはオーナーの使い方によって様々なアレンジが可能です✨


軽バンとは思えない充実装備

グレード【N-VAN +STYLE FUN ターボ】として

フルLEDヘッドライト
急速充電USBポート×2機が標準装備
標準装備の「ナビ装着用スペシャルパッケージ」に含まれるステアリングスイッチ
更にバックカメラ標準装備
すい平

私はALPINEのディスプレイオーディオ、

【DA7Z】を取付しました✨

これについても後日レビューさせて頂きます!

合わせて読みたい

カーナビ&オーディオ

アルパインのディスプレイオーディオ【DAF11Z・DAF9Z・DA7Z】は「安い!使い易い!音質最高!でカーナビ不要の時代がキタ!?」

2023/1/12    

目次1 ディスプレイオーディオの過去と現在1.1 ディスプレイオーディオとカーナビの違い1.2 2020年・3年前のお話1.3 2023年・現在のお話2 ALPINE「ディスプレイオーディオ」Zシリー ...

タコメーター付きでバンとは思えないスポーティなメーター
バンと言えばダイヤル式マニュアルエアコン、
でもN-VAANはフルオートエアコン
追従機能付きのクルーズコントロール搭載
ACC「アダプティブクルーズコントロール」
LKAS「レーンキープアシストシステム」

ステアリングスイッチの「MAIN」を押して、
隣のハンドルマークを押すと機能がONになるのですが、
一般道でクルーズコントロールを入れなくてもLKASが作動します!

すい平

コレ!地味に凄いっすよ!

クルーズコントロールを使わない(使えない)一般道でも、

車線をはみ出そうとすると舵角支援をしてくれる優れものです✨

ルームライトは最初から全てLEDライト

軽バンやのに、これも地味に凄いと思う!

虎徹


軽バンの中では異質な設計

一般的な軽バン
・普通の軽バンはタイヤの真上に車内の先端(ステアリングあたり)がかかっている
・エンジンは座席の下に位置
N-VAN
・N-VANはタイヤの真上は完全にエンジンルーム
・座席の下には特に機械類は無し

この比較画像を見て分かる通り、

N-VANの方がN-BOXやタント等の乗用車に近い設計です。

一般的な軽バンはFRベースなのですが、

スポーティな走行というより後ろの荷物を満載にしてもしっかり走るよう設計されています。

すい平

そんな荷物満載に積まないでしょ?

万一の衝突時もボンネット部が長いN-VANの方が安全性は高そうです!

N-VANは軽バンとしては特殊な車やけど、

設計はN-VANの方が乗用車ベースなんか・・・

虎徹


N-VANのここがチョット・・・

2名乗車モードに限れば荷室が狭い

助手席を畳めば広大なスペースのN-VANですが、

2名乗車モードでは明らかに普通の軽バンの荷物が詰めます。

前席の乗車位置を限界まで前に持っていくにはエンジンを座席下に配置し、
長さに限界がある軽自動車サイズの中で最大限に荷室を広く設計

すい平

N-VANって2名乗車モードだと普通の軽バンより狭いんすね💦


燃費はあと一歩

軽自動車なのに高さがアルファードと同じと言うハイトバンであるN-VANですので、

重さもN-BOX等と比べるとプラス100kg程度重いのとターボ車なので、

仕方ないっちゃ仕方ないのですが・・・

すい平

実燃費15km/L程度なのは事前に調べていましたが、

メーターの燃費計が10.8km/Lから全然上がって行かないのはテンション下がりました💦

※アイドリング時含む

スペーシアのターボ無しなんかは20km/Lに届くか届かないかぐらいの実燃費ですので、

燃費に関しては軽乗用車に軍配です。

距離を乗る人にはあまり向かないのかもな・・・

虎徹
すい平

あくまで通勤とチョイ乗り用の車なので、

燃費はヨシとしましょう💦


もうすぐマイナーチェンジ?

ホンダあるあるというかどの車種でもあるあるですが、

マイナーチェンジの噂です。

新車を買うにあたり、お客さんも営業マンである私も心配事の一つなのが、

次のマイナーチェンジ・モデルチェンジがいつなのか問題

です。

私が契約した昨年2022年の10月頃は正式な情報は皆無で、

現在2023年1月時点でもN-VANのモデルチェンジ情報は有りません。

ただ、

2018年7月に発売され既に5年近くの間ビッグマイナーチェンジが無かったN-VANですから、

そろそろビッグマイナーチェンジをしても可笑しくない頃なのは間違いなさそうです。

あくまで予想と市場に出回っている噂ですが変更・追加点が3点あります。


外装の変更

ホンダはトヨタと違いビッグマイナーチェンジで違う車?

と思えるほどの大きな外観の変更はあまり見ないですが、

N-BOXのビッグマイナーの際にグリルの形状が変わったり変更がありましたので、

もうすぐ発売されてから丸5年になりそうなN-VANもグリルぐらいの変更はあるのは?

と思っております。


電動パーキングブレーキ搭載?

N-BOXのマイナーチェンジの際、

たしかプラス2~3万円程度でしたが電動パーキングブレーキが追加されました。

パーキングブレーキがボタン1つで出来るようになりますので、

先程お伝えしたサイドブレーキのペダルが高すぎる問題は改善されます。

因みに、電動パーキングブレーキ変更に伴い、

アダプティブクルーズコントロールに渋滞追従機能が追加されます。

すい平

現行モデルのアダプティブクルーズコントロールは、

30km/h以上の速度のみの作動ですので、

渋滞時の低速でも使えるようになります!

ロングドライブが多いユーザーさんには嬉しい改良やな!

虎徹


ボディカラーの追加・廃止

N-VAN納車の際に、ディーラーの担当さんから驚くべきことを聞きました。

それは!

「ガーデングリーン・メタリック」と「プレミアムイエロー・パールⅡ」が廃止

となるとの事です!

の様に、ホンダあるあるですが、

ホンダは頻繁にボディカラーの追加・廃止の変更があります。

先の2色の他にも人気のあるボディカラーがいきなり廃止されたり、

思わぬボディカラーが追加されたりもするかと思います。

すい平

個人的には更に前モデルの「サーフブルー」好きだったんですケドね💦

その他、今までの似たようなボディカラーの変更点
「ブリリアントスポーティブルー・メタリック」が「フレンチブルー・パール」に変更
「シャイニンググレー・メタリック」が「アドミラルグレー・メタリック」に変更

どっちも似たような色から似たような色に変更やったから、

カタログをぱっと見では分からんかったな💦

虎徹


エンジンブレーキが無い

すい平

アクセルとブレーキだけってのはシンプルで良いのですが、

オーバードライブ的な物は欲しかったです💦


スライドドアのレバーが硬め

あくまで軽貨物車なので、バンにそこまで求めるかというそもそもな話ですが、

私の場合子供の送り迎えの際、スライドドアを子供に開閉させるのはちょっと怖いです💦

理由は、

①スライドドアのレバーを引いてドア本体が動き出す前までが硬い

②ドアを閉める際はけっこう勢いがあるので万一手を挟んでしまうと大変

すい平

スライドドアの開閉時②のような事が起こらない為、

あえて固くしてあると思えば納得かもですが💦


そもそも軽バン

ハイエースなんかはバンでもオプションでパワースライドドアが装備出来ますが、

N-VANはそもそも軽バンです。

家族でメインカーとして使うならやはりN-BOXやタントあたりを買うのがごもっともです。

それでもパワースライドドアは無いよりはあった方が良いですし、

後部座席がリクライニングしない等のバンならではのデメリットは当たり前に存在します。

嫁に言われたらしいな!

「アンタまたこんな中途半端な車買って!」ってw

虎徹
すい平

あと、運転席も助手席もめっちゃ乗り心地悪いって💦

運転席は長距離じゃなければそんな悪ないけどなぁ・・・

そもそも助手席は格納する為にしゃあないやん💦💦💦


最大の落とし穴

燃費はヨシとして、ロードスターからの乗り換えで唯一上がってしまった維持費

それは・・・

軽貨物の区分は自動車保険料が高い事

すい平

これは本当に盲点でした💦💦💦

比較表をご覧ください。

ロードスター6,650円/月79,800円/年
N-VAN7,740円/月92,880円/年
差額1,090円/月13,080円/年
保険会社:損保ジャパン
車両保険一般条件(免責有)
等級はセカンドカーなので7S等級として

スポーツカーから軽自動車やのに、

月で1,000円ちょっと、年間で13,000円アップはキツイな💦

虎徹
すい平

事故が無ければ年々上がっていくとは言えども、

そもそものベースが高いからな~💦


スポンサーリンク

新色【ソニックグレー・パール】

最終モデルである「S660 Modulo X Version Z」のみの設定色

軽バン業界の2台巨頭と言えば、

「エブリィ」のスズキと「ハイゼット」のダイハツだと思います。

過去にはホンダの「アクティ」やスバルの「サンバー」もありましたが、

「アクティ」は廃盤、「サンバー」は「ハイゼット」のOEMとなりました。

話は変わりますが、

私が最近乗ってきた車種と言うと、

「アルトワークス」「S660」「ジムニーシエラ(MT)」「ロードスター」と、

スポーツカー若しくはマニュアルミッションの車です。

合わせて読みたい

スズキ ダイハツ トヨタ ニッサン ホンダ マツダ 売り買い 納車日記

私、赤いすい平が今までに乗ったマイカーは何台?・・・「マイカーの写真を撮っておく事が大事な理由」

何かで聞いたか見たのですが、 人生で車を乗り換える台数は平均で7台とされております。 だそうです・・・ 私は職業柄もありますが、7台よりも多くの車を乗りえてきております。 ここ最近、 「そう言えばあの ...

すい平

そんな私が軽バンを買って乗り続ける事ができるのでしょうか?

無理無理~

どーせすぐ売るってw

虎徹

そんな私が少しでも長く乗れるだろうと選んだのが、

「エブリィ」と「ハイゼット」に比べるとスポーティな「N-VAN」、

そしてホンダと言えばモータースポーツのメーカーです。

実はN-VANを買うと決めた時、

ボディカラーは次の2色に決めていました。

超インドア派の私が少しでもアウトドア感を出そうと無理して、
更にガンダムのザクっぽいし、ミリタリーという言葉にやたら反応してしまう癖

「ガーデングリーン・メタリック」

阪神ファンだから!S660をまた買うなら次は黄色と思っていたから!

「プレミアムイエロー・パールⅡ」

すい平

私が欲しいと思っていたどちらの色も廃盤になるって一体・・・

実は当初、「ガーデングリーン・メタリック」でN-VANを発注をしました。

翌日、何かでディーラーの担当者さんと話をした際、

「ソニックグレー・メタリック良い色ですよ!」とアドバイス頂き、

今回のN-VANはなるべくお金をかけないで買うと決めていたものの、

特別塗装色代として別途33,000円かかる「ソニックグレー・パール」に変更して頂きました!

途中、街を走る「ガーデングリーン・メタリック」のN-VANを見かけると・・・

すい平

やっぱりグリーンの方が良かったかななどと、

一般のお客さんみたいに悩む始末・・・

しかし、

今回の「ソニックグレー・パール」について何気なく調べてみると、

この色が採用された車は主に「S660 モデューロX ver.Z」と「シビックタイプR」(普通のシビックも採用)

と言う生粋のスポーツカーのボディカラーではありませんか✨

すい平

ホンダのレーシング魂が宿った色だ♪

などと思いつつこの色で本当に良かったと愛着が湧く今日この頃です✨

単純なヤツw

虎徹
すい平

次回からはN-VANのおすすめオプションをご紹介したいと思います!

合わせて読みたい

カーナビ&オーディオ ホンダ

N-VANおすすめ①アルパイン製ディスプレイオーディオ【DA7Z】レビュー!「特にホンダ車には純正ナビよりオススメな理由」

2023/1/26    , , ,

と、その前に色々おさらいがあります。 お時間ある方はざっと目を通して頂けると幸いです。 アルパイン・ディスプレイオーディオまとめ ホンダの「ナビ装着用SP」問題について 目次1 N-VANに【DA7Z ...

すい平

最後までお読み頂き有難うございました。

twitter(@akaisuihei) & Instagram(akaisuihei) で

主にブログの更新をお知らせしております。

登録を是非ともよろしくお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

赤いすい平

車屋さんの営業【経歴】京都出身のアラフォー ▶ 大阪の高校 ▶ 27歳まで輸入自動車用品の商社 ▶ 28歳で某大手中古車ディーラーに転職 ▶ 34歳で今のDショップに転職 ▶ 妻・子の3人+猫2匹で茨城県で暮らしています ● 年間100台以上のクルマを販売する営業マンとして、このブログが皆様のクルマやモノ選びの参考になれば嬉しいです。

-ボディカラー, ホンダ, 納車日記
-